2024年03月15日

綺麗な冬景色

清里丘の公園は標高1,000m以上。
2月、3月はたくさん雪が降りました。

丘の公園に異動して約1年、
ワンシーズンでこれほどたくさんの雪を見たのは初めてです。

子どものころは雪が降ると大喜びで、
ゆきだるまを作ったり、雪合戦をしたり、雪を満喫していました。

大人になってからは、車の運転の際の路面凍結が怖くて
素直に喜べない部分もありますが、雪景色はやっぱりきれいだなと思います。

3月12日の夜も清里は雪が降り、この通り。

先日のブログで紹介があった雨氷もとても綺麗でした。

まるで桜のようで、一足先に春を感じた気分。
人生で初めて見る景色に感動しました。

今週末くらいから暖かくなるという予報なので、
雪景色もそろそろ見納めかもしれませんね。

志村

2024年02月29日

癒しスポット

丘の公園ファミリーパーク内に、私の癒しスポットがあります。
それは3階リラクゼーションルームにある絵本コーナー。

昔から知られている絵本が多いので、
幼い頃に読んでいた絵本を見ると、とても懐かしく感じます。

子どものときは、「色使い」や「絵」に惹かれて
好きになることが多かったのですが、

大人になってからは、ストーリーやシンプルな文章の中に
物語の奥深さがあることに気づいたり、少し違った見え方がしたり、
懐かしい気持ちといっしょに、新鮮な思いで読むことができます。

ある日の夕方、
お掃除をしようとリラクゼーションルームに入ると、
お母さんが赤ちゃんを膝に入れ、読み聞かせをしている姿が。
温泉に入っていたお父さんも合流し、
親子のあたたかい時間が流れる場面でした。

私だけでなく、来てくださった皆さんの
癒しスポットであったらうれしいです。

中村

2024年02月28日

八ヶ岳の冬景色

清里の木々が白く、暖冬の影響でもう桜が咲いたのかと
錯覚するような景色に出会いました。

近くでよく見てみると、枝の先まで木が凍っていました。

キャンプ場で勤務をしはじめて、初めての経験だったので
気になって調べてみると「雨氷」という現象でした。
ここ清里地区では珍しい現象との事です。

前日の濃霧と雨が一気に凍って、木々を氷で覆ってしまったそうです。

写真では、肉眼で見るほど綺麗さが伝わらず悔しいですが、
赤みがかった枝が凍ることで、まるで桜が咲いているかと思うような

綺麗な景色でした。

またひとつ、新しい清里の景色に出会うことができました。

飯野